logo

「アップルのAnimojiは商標侵害」--日本企業が提訴

Mike Sorrentino (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2017年10月23日 10時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本のソフトウェア企業であるemonsterが、Appleの「iPhone X」に搭載される新機能「Animoji(アニ文字)」の商標をめぐって提訴した。emonsterは、2014年の時点ですでにAnimojiを考案しており、米国特許商標庁(USPTO)にも2015年に登録済みだと主張している。THE RECORDERが米国時間10月19日に最初に報じた。emonsterの最高経営責任者(CEO)、Enrique Bonansea氏は訴状の中で、すでにAnimojiという名称を使用して、動く絵文字機能を備えた「iOS」用アプリをリリースしていると述べた。

Appleが発表したAnimoji機能
Appleが発表したAnimoji機能
提供:GIF by Alexandra Able/CNET

 「Appleは、原告のAnimojiの商標を完全に認識していながら、この名称を選んで、世界に向けて『Animoji』がAppleのオリジナルだと触れ込むことにした」(Bonansea氏)

 訴状ではさらに、Appleがemonsterの商標に完全に気づいていたと主張し、Appleが隠れ蓑にしたとみられる団体がAnimojiの商標権の購入を申し出たと述べている。この団体はさらに、商標権を売却しなければ取り消しの手続きをとると伝えてきたという。emonsterはこの申し出を断ったが、AppleはそのままAnimojiを採用したという。

 emonsterはAppleに対し、Animojiの名称の使用停止と、「懲罰的損害賠償を含む、確認可能な損害、費用、弁護士報酬」の賠償を求めている。

 Appleは米CNETによるコメントの依頼に応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集