logo

池袋に未来型ライブ劇場「ニコファーレ池袋」と新サテライトスタジオが開設

佐藤和也 (編集部)2017年10月18日 11時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドワンゴは10月17日、豊島区庁舎跡地及び豊島公会堂跡地の再開発エリア「Hareza 池袋」の一角に、ポニーキャニオンが運営する最新の映像技術や通信技術を駆使した未来型ライブ劇場のネーミングライツを取得し、「ニコファーレ池袋」と命名したほか、最先端のインターネット放送を特徴とする新たなサテライトスタジオを2019年にオープンすると発表した。

建物外観イメージ
建物外観イメージ

 豊島区が掲げる「国際アート・カルチャー都市」のシンボルとして、多様な文化の発信や新たなにぎわいの創出を目指し、東京建物とサンケイビル2社が「(仮称)豊島プロジェクト」として、(仮称)新区民センターを合わせ8つの劇場空間の整備が計画。2019年に、豊島公会堂跡地の「B敷地」内の新ホール棟1階に、未来型ライブ劇場がオープンする。

 ニコファーレ池袋では、通常の音楽ライブだけでなく、最新技術とインターネットを使用したバーチャルキャラクターによるライブパフォーマンスやアニメ・ゲーム関連のステージイベントなど、幅広いコンテンツを発信するとしている。

 また、同新ホール棟1階・店舗部分にオープンするサテライトスタジオでは、niconico特有のコメント機能を活用した演出を織り交ぜながら、多彩なエンタテインメントコンテンツをインターネット放送で配信するという。

(仮称)豊島プロジェクト 所在地
(仮称)豊島プロジェクト 所在地

【11月17日追記】権利者からの指摘により、表現を一部修正いたしました。

-PR-企画特集