logo

「Windows 10 Mobile」、新機能の開発はもうない--マイクロソフトが認める

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年10月10日 07時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、「Windows 10 Mobile」の愛用者に対し、同プラットフォームにもう新機能は追加しないと宣告した。

 MicrosoftのWindows Experience担当バイスプレジデントを務めるJoe Belfiore氏は米国時間10月8日、スマートフォン向けプラットフォームであるWindows 10 Mobileに対する新しい機能やハードウェアを同社が計画していないことを認めた。

 「もちろん、バグ修正やセキュリティアップデートなど、同プラットフォームのサポートは継続する。しかし、新しい機能やハードウェアの開発には注力しない」と同氏は8日のツイートに記した

 かつては「Windowsのスマートフォン/タブレット/PC版」を担当するチームを統括していたBelfiore氏は8月、サムスンの「Galaxy S8」の「Microsoft Edition」を使用していることを明かしていたが、アプリとハードウェアの選択肢が優れているので「Android」に変更したと、今回は説明している。Microsoftのソフトウェアを多く搭載したAndroidスマートフォンに移行したことを認めた際のBill Gates氏の行動に似ているようだ。

 (2/2) 個人エンドユーザーとしては、アプリとハードウェアの品揃えを考えてプラットフォームを変更した。これらのユーザーもサポートする予定だ。皆さんも自分にとって最良の選択をしてほしい。

 -- Joe Belfiore (@joebelfiore)、2017年10月8日

 Microsoftは1年以上前にスマートフォン端末事業を実質的に終了し、Nokia買収で得た数千人の従業員を解雇し、「iOS」とAndroid向けのMicrosoftアプリに力を入れることにした。それを考えれば、同社がWindows 10 Mobileを縮小するのは意外ではない。Microsoftは「Windows Phone 8.1」のサポートを7月に終了している

 「アプリ開発者への動機付けにかなり尽力した。資金を投入し、開発者のためにアプリを開発した。しかし多くの企業にとって、投資するにはユーザー数が少なすぎた」と同氏はツイートしている。


提供:Rami Hanafi

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集