logo

東急電鉄ら3社、「Google Home」を介したインテリジェントホーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京急行電鉄(以下、東急電鉄)、イッツ・コミュニケーションズ(以下、イッツコム)、Connected Designの3社は10月5日、住宅向けIoTサービス「インテリジェントホーム」に、スマートスピーカ「Google Home」を導入すると発表した。東急沿線以外のユーザーもサービスを利用できるよう、販路も拡大する。


住宅向けIoTサービス「インテリジェントホーム」に、スマートスピーカ「Google Home」を導入する

 インテリジェントホームにGoogle Homeを導入することで、これまでのスマートフォンやタブレットのタッチ操作に加え、音声操作が可能となり、すでにチャンネル登録をしているIFTTTを介して、550種類のアプリやIoTデバイスとの連携も可能となる。

 これにともない、イッツコムのインテリジェントホームでは、10月6日より、Google HomeとIoTデバイスの家電コントローラーとを組み合わせた「スマートコントローラー」(レンタル月額700円)の提供を開始。同日、楽天ブックスとビックカメラにて、Google Homeとインテリジェントホームのデバイスを組み合わせた「インテリジェントホーム スターターキット」の販売を開始する。

 インテリジェントホームは、イッツコムとConnected Designの2社で開発・提供している、ホーム・コントロールとホーム・モニタリング型サービス。IPカメラ、スマートロック、センサ、家電コントローラなどのデバイスを、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンやタブレットで遠隔操作することができる。

 Google Homeは、Googleアシスタントを搭載した、音声で動作するスピーカ。「OK Google」と声をかけるだけで、知りたいことや、やりたいことを、をGoogleがサポートする。


「インテリジェントホーム」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]