logo

インベスターズクラウド、シェアリングテクノロジーと事業提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インベスターズクラウドは9月28日、同社の子会社であるロボットホームとシェアリングテクノロジーとの事業提携を発表した。ロボットホームの入居者向けコンテンツ「TATERU Benefit」に、シェアリングテクノロジーの業者検索・比較サービスを導入する。

 ロボットホームは、同社の「賃貸住宅キット」のセントラルコントローラーに搭載するコンテンツとしてTATERU Benefitを開発。入居者向けに、食事やファッション、家事サービスなど、ライフスタイルに関わる情報を提供している。

 今回の提携では、シェアリングテクノロジーが運営する、暮らしに関する業者検索・比較サービス「生活110番」を、TATERU Benefitに導入。生活に関する200以上のサービスジャンルから、サービス提供者を検索・比較し、問合せできるプラットフォームとして提供する。

 賃貸住宅キットは、誰でも手軽にIoTの賃貸住宅を提供できるIoTサービス。入居者は、室内に設置されたセントラルコントローラーで、スマートロックやセキュリティ、遠隔操作による調光、情報の入手など、さまざまなサービスを受けられる。


「TATERU Benefit」に、業者検索・比較サービスを導入

-PR-企画特集