logo

KDDIら3社、企業向けイーサリアムを活用した「スマートコントラクト」の実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは9月27日、KDDI総合研究所、クーガーと共同で、企業向け分散アプリケーションプラットフォーム「Enterprise Ethereum」を活用したスマートコントラクトの実証実験を開始すると発表した。

 スマートコントラクトは、仮想通貨などで使われているブロックチェーン技術を契約などコントラクト用途に活用するための仕組み。あらかじめ取り交わされた約束や契約を改ざんが困難な形でプログラム化し、条件が合致した際に自動執行する。

 今回の実証実験では、同社の既存事業や非金融事業を含め、中央管理システムが存在しなくても自動的に稼働する「非中央集権型アプリケーション(DApps)」と、スマートコントラクトを構築・実行できるアプリケーションプラットフォーム「Ethereum」で開発されたオープンサービス、協業先とのサービス連携を想定したスマートコントラクト活用の事業面・技術面の課題と効果を検証する。

 第1弾として、携帯電話の店頭修理申し込みから完了までの工程における、リアルタイムな情報共有および、オペレーション効率化の可能性を検証。さらに、修理事業とは別事業であるリユースサービスなど、異なる事業者間におけるシステム連携の可能性を検証。具体的には、携帯電話の修理の際に修理価格、機種変更価格、中古市場価格など異なるシステム間の情報をプログラムが自動判別し、最適な契約が実行できるかを検証する。


 なお、KDDIでは今回の実証実験に合わせ、Enterprise Ethereum技術のユースケースの共有、標準化の策定、オープンソースプログラムを開発するためのアライアンス「Enterprise Ethereum Alliance」(EEA)に加入。KDDIとクーガーは、修理事業の実験だけでなく、利用者に寄り添った新たな体験価値の提供を目指し、IoT、AIなどの技術とスマートコントラクトを組み合わせた複数の実証実験を展開する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]