logo

ユーザーデータからAIが融資額を算出--みずほ銀行とソフトバンクが新サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 みずほ銀行とソフトバンクの合弁企業であるJ.Scoreは9月25日、ビッグデータとAI技術を活用したレンディングサービス「AIスコア・レンディング」の提供を開始したと発表した。


「AIスコア・レンディング」ウェブサービス画面

 AIスコア・レンディングは、利用者自身のさまざまなデータをAI技術を活用してスコア化し、そのスコアをもとに利用者に合った条件を提示する。スコアは、18の質問に答えるだけで総合的に分析して算出する。また、スコアを算出することで、今後さまざまなサービスで活用できるようになるという。AIスコア算出だけの体験も可能だ。


 また、利用者のライフスタイルや好み、みずほ銀行、ソフトバンクとの取引情報など、100種類以上の情報を提供することで可能性と信頼性をAIスコアに反映できる。その結果として、スコアアップする可能性もあるという。なお、提供する情報については、利用者自身で選択できる。


 同社によると、これまでの画一的な与信審査とは異なり、独自のAIが利用者にふさわしい条件を提示。ネットで完結する手続きや競争力のある金利水準など、商品性も充実しているという。また、利用者の同意を前提に、みずほ銀行やソフトバンクの情報を連携させることで最大0.2%金利を引き下げる。これは、社会人だけではなく、安定した収入のある学生や外国人留学生も利用可能。


 今後は、ブランドアンバサダーのスプツニ子!氏が出演するサービス動画などを用いてプロモーションを展開するほか、融資・情報連携のリアルタイム化、借入れ手続きの早期化など、利便性を向上させていくという。また、iOS/Android版アプリもリリース予定としている。


-PR-企画特集