logo

バイドゥ、自動運転プロジェクト向けファンド設立--3年で100件に出資へ

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年09月25日 10時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国検索大手の百度(バイドゥ)が新たな15億ドル規模のファンドを設立し、自動運転車分野への関与を強めている。このファンドは、同社のオープンソースの自動運転プラットフォームにちなんで、「Apollo Fund」と名付けられた。バイドゥは今後3年にわたり、このファンドを通して、100の自動運転プロジェクトに出資していく計画であることを明らかにした

 バイドゥは同社の自動運転プラットフォームの最新バージョン「Apollo 1.5」もリリースした。このバージョンには5つの中核的な新機能が含まれる。新しい障害物検知機能は、自動車が昼夜を問わず障害物を認識することを可能にする。そのほかにも、新しい経路計画機能、クラウドシミュレーション、HD地図、エンドツーエンドのディープラーニングが含まれる。

 4月に初めて発表されたApolloプラットフォームは、これまでに70のパートナーを獲得している。バイドゥによると、1300社を超える企業がApolloのソースコードをダウンロードし、100社近い企業がApolloのウェブサイトを通じてオープンデータの申し込みをしている。同社はApolloに関するパートナーとの間で、量産や製品の共同開発に向けた50を超える提携合意を締結したという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集