logo

freeeとSalesforce Sales CloudがAPI連携--「freee for SFA」を提供

佐藤和也 (編集部)2017年09月14日 18時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 freeeは9月14日、同社が展開している「クラウド会計ソフト freee」について、セールスフォース・ドットコムのクラウド型の営業支援・顧客管理ソフト「Salesforce Sales Cloud」と請求データに関するAPI連携を行い、連携アプリ「freee for SFA」の提供を開始した。Sales Cloud上で請求書を即座に発行でき、かつ発行済み請求書の入金状態をSales Cloudで確認できるようになるという。

 freee for SFAを活用することにより、これまで経理担当が行っていた請求書発行と入金確認作業を、営業担当がSales Cloud上で行うことが可能となり、経理担当との請求・入金にかかるコミュニケーションが不要になる。また、Sales Cloud上に入金データが自動で反映されるため、営業担当は正確な売上分析がリアルタイムで可能。未入金督促の効率化にもつながることから、売掛金の早期回収が実現し、キャッシュフローを改善するとしている。

「freee for SFA」活用イメージ
「freee for SFA」活用イメージ

 freee側では、今回のAPI連携を皮切りに、ユーザーの業務改革を複数のクラウドサービスの組合せで実現する「クラウドインテグレーション」を加速していくとしている。ITシステムの導入コストに余裕がないスモールビジネスのバックオフィス業務においても、クラウドインテグレーションによる働き方改革を推進することにより、スモールビジネスの生産性向上に貢献していくとしている。

-PR-企画特集