logo

KDDIやJALら4社、機内でのVRサービスの実証実験

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2017年09月05日 18時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは9月5日、日本航空(JAL)、阪急交通社、VRizeと共同で、JALチャーター便を利用した阪急交通社の旅行商品に参加するビジネスクラスシートの乗客56人(予定)を対象に、往路の機内でVRサービス実証実験を行うと発表した。

 JALでは、4月に羽田空港国際線ラウンジにおいて、JALが参画しているスタートアップ企業アクセラレーションプログラム「KDDI ∞ Labo」の採択チームであるVRizeと共同で、VRサービスを体験できる実証実験を実施していた。その際、利用者から好評だったことから、実際に飛んでいる飛行機内でのVRサービスの実証実験を行うことにしたという。

 この実証実験は、VRサービスの利用希望者にVRコンテンツ視聴機材(Galaxy Gear VRとGalaxy S8)を貸し出し、VRizeが開発した専用のVRアプリを用いて、KDDIが提供する5種類の360度VRコンテンツ(旅行プログラム「SYNC TRAVEL」にて各国の街並みを撮影した映像を一部活用)の中から好みのコンテンツを選んで体験できるというもの。


 体験後は、その感想や新たなサービスの可能性などについてのアンケート調査を行い、JALや阪急交通社の顧客サービス構築の参考にするとしている。

 なおKDDIは8月31日、高速バスの移動中に楽しめるVRコンテンツサービス「ライブバス VR」を発表している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]