logo

グーグル、AI画像処理のスタートアップAIMATTERを買収

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 水書健司 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年08月18日 10時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、人工知能(AI)を用いた自撮り画像加工アプリ「Fabby」を手がけるAIMATTERを買収した。

 ベラルーシを本拠とするAIMATTERは、同社のウェブサイトに掲載したごく短い告知で、このニュースが事実であることを認めた。

 AIMATTERは、モバイルアプリFabbyで名を知られるようになった新興企業だ。Fabbyは、AIを使って自撮り写真を加工するアプリ。色調の調整や、カラー、マスク、背景、メイクアップのデザインといった、多数の独創的なエフェクトを利用できる。


提供:AIMATTER

 買収金額などの詳細は明らかにされていない。

 TechCrunchによると、Fabbyは今後もダウンロードによる入手が可能だが、AIMATTERのスタッフの多くはGoogleに移籍することになるという。ただし、Fabbyを手がけた会社とこのアプリを生み出した有能なプログラマチームの担当は、「iOS」および「Android」向けのFabbyそのものではなく、ニューラルネットワークベースのプラットフォーム、SDK、画像処理用のAIなどになるかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集