logo

ソニー、本なら3.3億冊を記録できる磁気テープストレージ技術を開発

加納恵 (編集部)2017年08月02日 18時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月2日、スイス・チューリッヒにあるIBMチューリッヒ研究所と共同で、テープストレージメディアとして業界最高の面記録密度201Gbit/inch2を達成した磁気テープストレージ技術を開発したと発表した。従来比220倍の密度により330Tバイトの大容量記録を実現する。

 これは、ソニーが新開発した潤滑剤などを採用した磁気テープ技術に、IBMチューリッヒ研究所が手掛けた新開発の記録、再生用ヘッドサーボ制御技術、信号処理アルゴリズムなどを組み合わせることにより実現したもの。

 ソニーは、本テープ技術を採用した大容量データ記録が可能な次世代テープストレージメディアの商品化を目指すとともに、さらなる高記録密度化に向けて、磁気テープ技術の開発を進めていくとしている。


-PR-企画特集