グーグルのピチャイCEOがAlphabetの取締役に

Jake Smith (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年07月25日 08時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Alphabetは米国時間7月24日、Googleの最高経営責任者(CEO)を務めるSundar Pichai氏が7月19日付けでAlphabetの13人目の取締役に就任したと発表した。

 「Sundarは、GoogleのCEOとして素晴らしい役割を果たし、強力な成長、パートナーシップ、莫大な製品イノベーションを推し進めている。彼とともに働くのは楽しく、彼がAlphabetの取締役に加わることをうれしく思う」とAlphabetのCEOを務めるLarry Page氏は声明で述べた。

GoogleのCEO、Sundar Pichai氏
GoogleのCEO、Sundar Pichai氏
提供:File photo

 Pichai氏は2004年にGoogleに入社し、2015年からはAlphabet傘下となったGoogleのCEOを務めている。Googleは、Alphabetの売上高の90%を占める。

 Alphabetの取締役には、Googleの創設者であるLarry Page氏とSergey Brin氏もいる。Pichai氏は、Googleで両氏と緊密に協力していた、

 Alphabetは24日の取引終了後に四半期決算を発表している

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加