logo
Indiegogo

盗まれたら犯人の顔を撮影するスマート財布「Volterman」--モバイルバッテリにも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「おサイフケータイ」や「Android Pay」「Apple Pay」などのモバイル決済サービスが使えるとはいえ、現金の必要な場面は多い。そのため財布を持ち歩くのだが、置き忘れることもあれば、盗まれる心配もある。スマートフォンとの距離が離れると警告してくれるスマート財布は存在するが、盗んだ犯人に逃げられたら諦めるしかない。

 そこで今回は、犯人を捕まえられるかもしれないスマート財布「Volterman」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。


犯人を逮捕できるかもしれないスマート財布(出典:Volterman公式Facebookページ)

 Voltermanは、オプションでカメラを内蔵させられる財布。普段はスマートフォンとBluetoothで連携しているが、距離が離れて通信できなくなると盗難モードに切り替わり、開かれたタイミングで自動撮影し、持ち主に画像を送ってくれる。この機能により、盗んだ人の顔写真を証拠として残し、場合によっては犯人を捕まえられるわけだ。

犯人の顔をカメラで撮影(出典:Indiegogo) 犯人の顔をカメラで撮影(出典:Indiegogo)

 もちろん、これまでに紹介したスマート財布と同様、置き忘れ防止機能も搭載。逆に、Voltermanだけ持ってスマートフォンを置き忘れた場合も警告される。GPSにも対応しているため、おおよその在りかが調べられる。無線スキミングを防ぐRFID保護機能も備えている。

置き忘れ防止アラーム(出典:Indiegogo) 置き忘れ防止アラーム(出典:Indiegogo)

 Voltermanは、スマートフォン充電に使える容量のバッテリを内蔵しており、モバイルバッテリとしても機能する。しかも、USBケーブルを接続して充電するだけでなく、スマートフォンをVoltermanの上に置いて充電するワイヤレス充電にも対応。

ケーブルをつないで充電(出典:Indiegogo) ケーブルをつないで充電(出典:Indiegogo)
ワイヤレス充電にも対応(出典:Indiegogo) ワイヤレス充電にも対応(出典:Indiegogo)

 さらに、無線LAN(Wi-Fi)テザリングでスマートフォンなどをインターネット接続させるための、Wi-Fiホットスポット機能も提供するそうだ。通信料やサービス利用可能地域などの情報はIndiegogoのキャンペーンページに記載されておらず、一般的なローミング料金に比べ最大3倍お得なサービスが世界各地で利用できる、とだけ記されている。

Wi-Fiホットスポット機能(出典:Indiegogo) Wi-Fiホットスポット機能(出典:Indiegogo)

 Voltermanは、用途に合わせて選べるよう、少量のカードと紙幣を持ち歩くためのシンプルな「CARDHOLDER」、二つ折りのやや容量の大きい「BIFOLD」、パスポートや旅客機の搭乗券なども入れられる「TRAVEL」という3モデルある。各モデルの主な相違は以下の通り。

    ●CARDHOLDER
  • バッテリ容量:2000mAh
  • サイズ:10×7cm
  • 重さ:100g
    ●BIFOLD
  • バッテリ容量:2600mAh
  • サイズ:12×9cm
  • 重さ:120g
    ●TRAVEL
  • バッテリ容量:5000mAh
  • サイズ:19×9cm
  • 重さ:150g

カード主体のCARDHOLDER(出典:Indiegogo)

一般的なサイズのBIFOLD(出典:Indiegogo)

海外旅行に使いやすいTRAVEL(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は4万5000ドル。記事執筆時点(日本時間7月11日15時)でキャンペーン期間は22日残っているが、すでに目標の7倍を上回る約33万3000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集