logo

「Microsoft 365」が登場--「Office 365」と「Windows 10」をセットに

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年07月11日 10時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今から1年前、Microsoftは同社のクラウドサービス群を組み合わせた「Secure Productive Enterprise」を発表した。米国時間7月10日、Microsoftはその後継のバンドルを披露した。名称は、より覚えやすい「Microsoft 365」に変更された。

 Microsoftは「Microsoft Inspire」カンファレンスの初日にMicrosoft 365を披露した。Microsoft 365は「Enterprise」と「Business」の2つに大別される。

 「Microsoft 365 Enterprise E3」と「Microsoft 365 Enterprise E5」は、「Windows 10 Enterprise」「Office 365 Enterprise」「Enterprise Mobility + Security」をバンドルしたものだ。顧客はEnterprise Agreement(EA)やMicrosoftのクラウドソリューションプロバイダー(CSP)を通してMicrosoft 365 Enterpriseを購入できるようになる。

 Microsoft 365 Businessには、「Office 365 Business Premium」のほか、Officeアプリ群と「Windows 10」端末向けのセキュリティおよび管理機能も含まれる。ユーザーはこれらの機能に単一のコンソールからアクセスできる。Windows 10へのアップグレード権も含まれている。顧客はMicrosoft 365 BusinessをMicrosoftから直接購入、またはCSPを通して購入することができる。

 Microsoft 365 Enterpriseは米国時間8月1日に発売される。Microsoft 365 Businessは8月2日よりパブリックプレビュー版の提供が開始される予定だ。

 Microsoft 365 Enterpriseの価格はプランなどさまざまな要因によって異なるため、詳細を知りたい場合はアカウントマネージャーに連絡するよう推奨している。参考までに、パートナー各社はMicrosoftの「Secure Productive Enterprise E3」をユーザー1人当たり月額約36ドル、「Secure Productive Enterprise E5」をユーザー1人当たり月額約54ドルで販売している。

 Microsoftは、Microsoft 365 Businessをユーザー1人当たり月額約20ドルで提供する予定だとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集