logo

Nokia端末にカールツァイスのレンズが復活へ--HMDとZEISSが提携

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年07月07日 11時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nokiaブランドのスマートフォンを製造しているフィンランドのHMD Globalは現地時間7月6日、独Carl Zeiss傘下でイメージングを専門に手がけるZEISSとの独占的提携を発表した。両社は今後、協力してNokiaのスマートフォン向けにカメラを開発していくことになる。

Nokiaブランドのスマートフォン
Nokiaブランドのスマートフォン
提供:Andrew Hoyle/CNET

 Nokiaの次期スマートフォンには、ZEISSのレンズを採用したカメラが搭載される可能性が高い。両社はカメラ技術のあらゆる側面で協業する予定で、これにはレンズ、センサ、ソフトウェアなど、すべてが含まれるということだ。

 HMDの最高マーケティング責任者(CMO)を務めるPekka Rantala氏によると、この提携は「極めて長期にわたる」ということだが、同氏は具体的にどの程度の期間を指すのか明らかにしなかった。何が提携の中心になると思われるかといえば、ありとあらゆるものを包括するものになりそうだ。

 Rantala氏は事前説明会で米CNETの取材に対し、次のように述べた。「動画は、多くのイノベーションをもたらされると思われる分野だ。拡張現実(AR)は、間違いなく重要な分野の1つだ。今後、両社でブレインストーミングしていく」


これを覚えているだろうか?
提供:Nokia

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集