logo

クラウドリアルティ、不動産クラウドファンディング「京町屋再生プロジェクト」が満額成立

加納恵 (編集部)2017年06月26日 15時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドリアルティは6月26日、P2P型の不動産クラウドファンディングで、国内1号案件「京町家再生プロジェクト」が募集期限前に満額成立したと発表した。111名の投資家から7200万円の出資を集めた。

京町家再生プロジェクト
京町家再生プロジェクト

 京町家再生プロジェクトは、京町家の取得・宿泊施設へのリノベーションを目的に投資を募集したもの。プロジェクト終了時には、新たな所有者に売却し、売却後も宿泊施設として継続して運営されることを想定している。

 応募した投資家の居住エリアは、関東が大半を占めながらも北海道から沖縄と多岐にわたり、年齢層も20~60代。これまでに不動産投資の経験がない人が66%と半数以上を占めたという。

京町家再生プロジェクトの投資家プロファイル
京町家再生プロジェクトの投資家プロファイル

 クラウドリアルティでは続いて、海外案件としてエストニア共和国内の不動産に関する「エストニア不動産担保ローン2号」の募集を開始。募集総額は2000万円で、想定運用期間は12カ月。想定利回り(IRR)は8.0%(税引前)になる。出資金額は5万円から。

概要図
概要図

-PR-企画特集