ニチガスとU-NEXT、ユーザーサポートにAIを活用--共同開発へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本瓦斯(ニチガス)とU-NEXTは6月23日、U-NEXTマーケティングとともに人工知能(AI)技術を活用した自動応答サービス「AIコンシェルジュ」を用いた、「エネルギー&AI・サービス」の共同開発を開始すると発表した。

 ニチガスは、関東圏で都市ガス、LPガス、電力を含む総合エネルギー事業を展開。U-NEXTマーケティングは、コールセンターを主事業とし、企業のコスト削減や採用難の対応として、AI コンシェルジュサービスを提供している。

 両社はニチガスのLP事業における顧客応対業務に、AIコンシェルジュサービスを導入。開栓・閉栓作業や緊急時対策、料金問い合わせなどの一次受付を自動で対応し、関連部門や営業担当者など、必要部署への情報連携を自動化する。


サービスフローのイメージ

 さらに、ニチガスのクラウド型基幹システム「雲の宇宙船」とのシステム連携により、顧客情報をビッグデータとして活用し、異業種連携で複雑化する顧客対応のボーダレス、リアルタイムかつ自動応答の実現を目指すという。

 将来的には、ガス・電力の小売事業の顧客対応業務の実証に一定の成果が見られた段階で、ニチガスとU-NEXTの合弁会社を設立し、エネルギー小売業界への「エネルギー&AI・サービス」の外販(BtoB)を目指すとともに、ニチガスが目指すエネルギープラットフォームへの実装を図る予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加