ソニー、「4Kハンディカム」動画取り込みに対応した新BDレコーダー

加納恵 (編集部)2017年05月31日 16時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは5月31日、BDレコーダーの新製品として5機種を発表。「4Kハンディカム」で撮影した動画を取り込めるなど、4K動画機能を拡充した。発売は6月24日から順次。

 発表されたのは、BDZ-ZT3500/ZT2500/ZT1500/ZW1500/ZW550」の5機種。全機種ともに、4Kハンディカムで撮影した動画の取りこみが可能になり、4K解像度で視聴できるほか、4K動画をブルーレイディスクにダビングし、保存ができる。


BDZ-ZT3500

 新たにSeeQVaultに対応し、独自機能として、本機に登録したSeeQVault対応の外付けHDDへの直接録画にも対応。これにより1台の外付けHDDで、容量拡張と、買い替えに備えたデータのバックアップの2つの役割を果たす。

 「番組名予約」や「おまかせ・まる録」などの機能はそのまま継承。「予約ランキング」は、最大20番組までの表示に拡大する。

 録画予約や録画した番組を、ネットワーク経由でスマートフォンやタブレットから視聴できる専用アプリ「Video & TV SideView」も用意。あらかじめ家で見たい番組をスマートフォンに転送しておくことで、電波の届かない場所にいても録画番組の視聴を楽しめる「おでかけ転送」機能も備える。

 ハイレゾ音楽ファイルの再生にも対応し、ホームネットワーク経由でFLAC/WAV/AAC/MP3の音楽ファイルを取りこみ、再生することが可能。CD音源や圧縮音源などをアップスケーリングする「DSEE HX」も備える。

 最上位機となるZT3500は、3TバイトのHDDを内蔵。ZT3500/ZT2500/ZT1500は地上、BS、110度CSデジタルチューナを3系統、ZW1500/ZW550は2系統搭載する。いずれもサイズは高さ43.9mm×430.7mm×奥行208.6mmのスリムボディだ。

  • BDZ-ZT3500(HDD:3Tバイト、想定税別価格:10万円前後)
  • BDZ-ZT2500(HDD:2Tバイト、想定税別価格:8万3000円前後)
  • BDZ-ZT1500(HDD:1Tバイト、想定税別価格:7万円前後)
  • BDZ-ZW1500(HDD:1Tバイト、想定税別価格:6万円前後)
  • BDZ-ZW550(HDD:500Gバイト、想定税別価格:5万円前後)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加