logo

KDDI、2017年夏モデル--新たなIoTサービス「au HOME」と7つの対応デバイス - (page 2)

坂本純子 (編集部)2017年05月31日 18時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

au HOMEとGoogle アシスタントも連携へ

 Googleは5月29日、Androidスマートフォン向けに会話型AI「Google アシスタント」の日本語版について発表している。

 今後au HOMEとGoogle アシスタントも連携していくと発表した。KDDIとGoogleは2006年5月、auのインターネットサービス「EZweb」にGoogleの検索エンジンを採用することで提携していた経緯がある。

au HOMEの価値体験強化に向け、パートナーシップを組んだKDDIとGoogle
au HOMEの価値体験強化に向け、パートナーシップを組んだKDDIとGoogle

 GoogleでGoogle アシスタントプロダクトマネージメントディレクターを務めるSteve Cheng氏がスペシャルゲストとして登壇。「KDDIはモバイル検索で11年前から組んできた重要なパートナー。au HOMEの未来とGoogle アシスタント機能をもっと便利にするアイデアにわくわくしている。われわれはauと同じようなビジョンと考え方でGoogle アシスタントをつくっている。ユーザーのしたいこと、やりたいことに応えるパーソナルアシスタントであることを大事にしている」と語った。

Google アシスタントは、音声で話しかけるとやりたいことをサポートしてくれる
Google アシスタントは、音声で話しかけるとやりたいことをサポートしてくれる
Google アシスタントに対応
Google アシスタントに対応

 またGoogle アシスタント向けにアクションを作成できるプラットフォーム「Actions on Google」について「au HOMEのような便利なサービスと連携できるようになる。現在は英語のみだが、日本語をはじめとする多言語に対応予定」(Cheng氏)とコメントした。

 田中氏は、「ちょうど11年前だからそんなに昔ではないが、当時はテキスト。Google アシスタントは音声で、時代を感じる。au Homeを前に進める上で音声はキーになると思っている。その中でGoogle アシスタントは、われわれがやりたいことと一緒になることで、大化けするのではないか。クラウドと連携することで新たな価値を提供できるのではないか。この世界をGoogleと一緒に広げて行きたい」と語った。

KDDI代表取締役社長の田中孝司氏とGoogleのSteve Cheng氏
KDDI代表取締役社長の田中孝司氏とGoogleのSteve Cheng氏
かぐや姫を演じる有村架純さん(左)と乙姫を演じる菜々緒さん(左)も会場に駆けつけ、華を添えた
かぐや姫を演じる有村架純さん(左)と乙姫を演じる菜々緒さん(左)も会場に駆けつけ、華を添えた

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]