logo

ソニーCSLら、AIを使った大規模データ解析サービス「CALC」を提供開始

加納恵 (編集部)2017年05月30日 11時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通国際情報サービス(ISID)、ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)、クウジットの3社は5月30日、人工知能による大規模データ解析サービス「CALC(カルク)」の提供を開始したと発表した。

 CALCは、大規模で多様な実データから高精度な因果モデルを推測し、現状を把握してビジネスの施策決定を支援する独自のAI技術。ソニーCSLが、ソニーグループのエレクトロニクス、金融、エンターテインメントなどの事業分野において、製造、設計、マーケティング、サービスなどの分析に適用し、その有効性を実証し開発したもの。2016年度からISID、ソニーCSL、クウジットの3社で、製造業やサービス業などの企業向けに、製造プロセス・マーケティング・サービスなどに試験適用し、実績を重ねてきたという。

 サービスにあたってはISIDが顧客向け製品開発、営業推進、データ解析・コンサルティングサービス、ソニーCSLがアルゴリズム開発などの機能、性能向上のための研究開発、クウジットがCALCミドルウェア開発、データ解析・顧客向け教育プログラム提供などを担う。

 CALCを適用することで、従来の解析手法では推定が難しいデータ内関係因子の直接的な相関が明瞭になり、経営上の選択しを明確化できるため、より確度の高い意思決定ができるようになるとしている。

-PR-企画特集