logo

ドコモと東武鉄道、5Gサービスの創出拠点「5Gトライアルサイト」を公開 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そしてもう1つ実施されたのは、東武鉄道の新型特急車両「リバティ」内で、5Gの多端末接続を体感するデモ。こちらはあらかじめ用意された4Kの映像を、28GHz帯の電波を用い、5Gにて基地局から移動局へ伝送。それをさらに5GHz帯のWi-Fiを通じて8台のタブレット端末に同時配信するというもので、8人の乗客が4Kの映像を途切れなく再生できる様子を確認できた。


5Gによる多端末接続デモの会場となった、東武鉄道の新型特急車両「リバティ」

5Gの基地局を搭載した移動基地局車。ここから近くにある移動局に5Gでデータを送信する

 デモではWi-Fiの仕組みを用いていたが、商用サービス展開の際にはWi-Fiを用いた仕組みだけでなく、直接5Gの電波を受信して利用する仕組みも考えられているとのこと。スカイツリー上からの配信や、リバティが移動した状態での配信に関しては、やはり試験用の電波を用いていることもあって、現状はまだできていないとのことだ。


移動局は屋外に設置されており、ここから社内のWi-Fiを通じてタブレットにデータを送る仕組みとなっている。通信速度は6Gbps前後だ

車内では4人の乗客が2組ずつ、タブレットで同じ4K映像を同時に視聴。映像は途切れなく再生できていた

 なお、両社は5Gに関する取り組みだけでなく、リバティ内で提供される無料Wi-Fiサービス「TOBU FREE Wi-Fi」の利用者に対し、700冊の雑誌が読み放題になる「dマガジン for Biz」と、観光パンフレットなどを配信する「ささっとパンフ」を提供する実証実験を、7月1日から8月31まで実施するとしている。これらの実証実験で得られた利用動向なども、5Gのサービス開発に生かされるとのことだ。


7月からはリバティ車内で提供される「TOBU FREE Wi-Fi」で、「dマガジン for Biz」が利用できる実証実験も提供されるとのこと

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]