logo

パナソニック、有機ELテレビ「EZ1000/EZ950」発表--プレミアム機は約90万円

加納恵 (編集部)2017年05月10日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは5月10日、テレビ「ビエラ」に有機ELパネルを採用した「EZ1000/EZ950」を発表した。独自の「ヘキサクロマドライブPLUS」により引き締まった黒を再現する。発売はいずれも6月16日。


「TH-65EZ1000」

 EZ1000/EZ950は、4Kの829万画素を1画素単位で制御できる自発光方式の有機ELパネルを搭載。プラズマテレビの開発で培った独自のチューニングにより、暗いシーンでも滑らかで豊かな階調表現を実現する一方、暗部で発生しやすいノイズを抑えて、暗いシーンの微妙な差異までしっかりと表現できるとしている。

 HDR規格に対応するだけなく、ハリウッドの映画会社を中心に設立された「UHDアライアンス」が規格化した「Ultra HD Premium」の認証も取得。有機ELテレビ用に変換精度を高めることで、低輝度域でも忠実な色再現が可能だ。

 上位機となるEZ1000には、薄い本体から1本でつながったシステムスピーカに、3ウェイスピーカを搭載。チューニングには、テクニクス開発陣と連携した「Tuned by Technics」を採用する。

 EZ950は、合計最大出力40Wの高出力アンプと大容量スピーカボックスによる「ダイナミックサウンドシステム」を搭載。「クアッド・パッシブラジエーター」による豊かな低音とキレのある音を再現する。

 EZ1000は65V型の「TH-65EZ1000」(想定税別価格:90万円前後)、EZ950は65V型の「TH-65EZ950」(同:80万円前後)、55V型の「TH-55EZ950」(同:50万円前後)をラインアップ。いずれも、リモコンに「アレコレ」ボタンを搭載し、ボタンを押すだけで「今見る」一覧と「予約する」一覧の表示が可能。見たいコンテンツを素早く見つけられるという。


左から「TH-65EZ950」、「TH-55EZ950」

 Netflix、DAZN(ダ・ゾーン)、Amazonビデオ、dTV、ビデオパス、YouTubeなどのVODサービスにも対応。地上、BS、110度CSデジタルチューナは3基備え、別売のUSB HDDを接続すれば、番組を見ながら2つの裏番組録画も可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集