logo

さくらインターネット、日本マイクロソフトら3社がIoT事業で協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さくらインターネット、日本マイクロソフト、アイティーエムの3社は5月9日、IoT事業において協業すると発表した。


 協業では、2020年までにマイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」に、さくらインターネットのIoTプラットフォーム「sakura.io」の「さくらの通信モジュール」を、1500万台以上接続することを目標に、企業におけるIoT導入を推進する。

 sakura.ioは、通信モジュール1台につき月額利用料金60円という低価格でIoTサービスが利用可能。契約面での負荷を低減すると同時に、ユーザーはIoTに必要なデータの収集、管理、分析から活用までを一元的に実行できるサービスとして利用できる。

 さくらインターネットとマイクロソフトは、AzureでIoTの双方向通信を実現する「Microsoft Azure IoT Hub」と、sakura.ioをセキュアに接続できるように共同検証を実施。これにより、sakura.ioの通信モジュールからAzure IoT Hubのデータ分析プラットフォームまでを、システム開発なしに接続できるようになる。

 アイティーエムでは、Azureの導入支援・運用監視サービスおよび、攻撃者からの悪意のある攻撃や情報漏えい事故などのリスクを未然に回避するためのセキュリティ診断サービスを7月から提供を開始。これにより、運用担当者は煩雑なIT運用業務から解放され、セキュアなIoT基盤のもとでデータ分析に集中できるようになる。

 さらに、IoTを活用したい希望者に対し、ハンズオンドキュメントや連携する通信モジュールのサンプルコードを公開。希望者自身が検証を実施できる環境を整備するだけでなく、3社共同でのIoT開発者向けのワークショップや共同セミナー、ウェブマーケティング活動も実施する。

-PR-企画特集