気象ビッグデータから最適なコーディネートを提案--ルグランが新サービス

山川晶之 (編集部)2017年05月09日 16時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルグランは5月9日、天気や気温の変化に合わせたコーディネートを提案するファッションテックサービス「TNQL(テンキュール)」を開発したと発表した。


「TNQL」

 一般的な天気予報では、「一次細分区域」と呼ばれる、各都道府県をいくつかのエリアに分けた比較的広い地域が対象となり、その日に選択したコーディネートが、実際に自分がいる場所や地域の天気と合わないことがある。このサービスでは、ビッグデータ分析やユーザーエクスペリエンスデザインなど、同社のデジタルマーケティングに関するノウハウを駆使。「働く女性が天気に影響されずにおしゃれを楽しめるサービス」として提供する。

 TNQLでは、気象ビッグデータを分析し、その日の気温、天気、降水量や朝晩の気温差のほか、風速や湿度データから算出される体感温度などから、ユーザーに最適なコーディネートを提案するアルゴリズムを構築。天気予報はGPS情報からユーザーの居場所を識別し、1km四方、全国37万地点で1時間ごとに更新される詳細な気象情報をリアルタイムで取得する。さらに、特定のエリアの天気やコーディネートを調べることも可能だ。

 コーディネートは、720パターンのファッションイラストの中から、一人ひとりの好みにあった最適なコーディネートをリコメンドする。さらに、ユーザーの日々の選択結果をAIが学習することで、よりユーザーの好みに合った提案が可能だ。

 なお、開発の過程では、20~40代の女性を対象に、気象情報がコーディネートの選択に与える影響についてワークショップを実施。例えば、「前回の打合せで来た服と同じものは、次回の打合せでは着たくない」という働く女性の悩みから、その日のコーディネートを自撮りして、場所や天気の情報と共にカレンダーに保存できる「コーデログ」機能を開発。SNSへの共有も可能で、女性が楽しみながら感覚的に使えるデザインを実現したという。

 ルグランでは、今後、TNQLの開発・提供で培われたレコメンドロジックを生かし、気象データを軸とした新なビジネス創出を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加