ソニー初、Ultra HDブルーレイプレーヤーを発表--4K HDRを高画質再現

加納恵 (編集部)2017年05月08日 18時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは5月8日、Ultra HDブルーレイの再生に対応したプレーヤー「UBP-X800」を発表した。発売は6月24日、想定税別価格は4万5000円前後になる。

「UBP-X800」
「UBP-X800」

 BT.2020の色域にも対応し、映像本来の明るさやコントラスト、鮮やかな色を再現。それぞれのフォーマットに対応したAVレシーバと接続すれば、音声フォーマット「Dolby Atmos」に加え、「DTS:X」にも対応する。

 ディスクドライブは、メインLSIの上にフィンを付けたsfヒートシンクなどを使用した独自開発。FLAC、WAV、ALACなどのハイレゾファイル再生に加えて、DSDについては最大11.2MHzの再生まで可能だ。SA-CD、DVDオーディオを含むすべてのディスクメディアに対応する。

 HDR非対応の従来の4Kテレビなどで視聴する際は、バランスの良いコントラストと自然な色調の再現ができるソニー独自のアルゴリズムを使い、4K HDRのコンテンツをSDRレベルに変換。テレビ用に5段階、プロジェクタ用に5段階の計10段階の変換レベルを設定でき、テレビやプロジェクタの輝度に合わせ、最適な明るさのレベルを選べる。

 音声信号専用のHDMI出力を備えたほか、ホームネットワーク内の複数のワイヤレススピーカやサウンドバーなどの対応機器を連動できる「Music Center」にも対応。Bluetoothによる、ワイヤレス再生も可能だ。サイズは高さ50mm×幅430mm×奥行き265mmで、重量約3.8kgになる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加