logo

グーグル創業者のブリン氏、飛行船を極秘に製作か--NASAの格納庫で

Claire Reilly (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 長谷睦 (ガリレオ)2017年04月27日 09時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ついにその時が来た。「Googleの飛行船」という言葉を書いてみても、何の違和感もないように思える。シリコンバレーは、とうとう一周して元に戻ってきたのだ(訳注:同地には1930年代に米海軍の飛行船の基地があった)。

 目くるめくレトロフューチャーな空の旅の時代は、もうすぐそこまで迫っているのかもしれない。Bloombergの記事が、Googleの共同創立者Sergey Brin氏が自分専用の飛行船を製作していると、このプロジェクトについてよく知る4人の人物の発言をもとに伝えているのだ。

 伝えられるところでは、この飛行船の製作は、カリフォルニア州マウンテンビューにある米航空宇宙局(NASA)のエイムズ研究センターの格納庫で、極秘扱いで行われているという。同センターは、Googleのグローバル本社から車でほんの10分ほどのところにある。

 Brin氏は、未来的な移動手段とは縁が深い。自動運転車の台頭を予言したほか、同氏の右腕で共にGoogleを創業したLarry Page氏も、空飛ぶ自動車の実現を目指す新興企業、Kitty Hawkに出資している。

 Googleは、この件に関するコメントの要請に応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集