logo

パナソニックら、カメラシェアリングサービス「PaN」を京都で実証実験

加納恵 (編集部)2017年04月26日 12時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニック、NTTコミュニケーションズ、大日本印刷は4月25日、カメラシェアリングサービス「PaN」の実証実験を、京都の大本山建仁寺と圓徳院で実施すると発表した。


カメラシェアリングサービス「PaN」

 PaNは、「Photo and Network」の略で、観光地や遊園地、イベント会場などに設置されたカメラを、ユーザーがシェアして利用できる新しいサービス。パナソニックの撮影技術とNTTコミュニケーションズのクラウド・ネットワーク技術を連携させ、実証実験では、大日本印刷の写真プリント、販売システム端末を組み合わせた。

 建仁寺と圓徳院の入り口で配布される撮影カードを使って、撮影スポットに設置されたPaNカメラで自撮り撮影をすると、撮影した写真のデータやプリントを購入することが可能。1枚の撮影カードを使って、寺院内に設置された全てのカメラで撮影ができる。

 サービス料金は、撮影データが1撮影スポットあたり600円、プリントが1枚600円で、全撮影データ+プリント1枚が1000円。1カ所の撮影スポットで複数枚撮影した場合、全ての写真データのダウンロードができる。

 これによりカメラをもたずに観光地を訪れても、高品質な撮影記録を残すことが可能。特殊なアングルからの写真だけでなく、背景合成写真(ブルーバック)など、「通常では撮影できない」写真による付加価値も提供していくという。実施期間は4月30日まで。10~17時の間利用できる。


入り口で撮影カードが配布される

撮影スポットで撮影カードをかざす

撮影スポットに設置されたPaNカメラで自撮り撮影ができる

-PR-企画特集