logo

顔写真の差別的フィルタでまた物議、顔変換アプリ「FaceApp」が謝罪

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉 (ガリレオ)2017年04月26日 11時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 顔変換アプリの「FaceApp」が、「HOT」というフィルタで肌の色が白くなるようにしたために、この種のフィルタをめぐる人種差別騒動の新たな一例となった。

 FaceAppはここ数週間、ユーザーたちがこの写真編集ツールで変換した自分の顔写真を投稿し始めたことから、人気を集めている。このアプリを使うと、しかめっ面の写真を、米国人プロレスラーのジ・アンダーテイカーのような不敵な笑みに変えることもできる。

 FaceAppで想定されている使い方は、ユーザーが顔を若く(または年寄りに)見せたり性別を入れ替えたりして、ふざけたり楽しんだりするというものだ。同アプリは人工知能(AI)を使い、写真に写っている顔のパーツを分析し、ユーザーが選択したフィルタで各パーツを変換する。

FaceAppのフィルタ機能
FaceAppのフィルタ機能
提供:FaceApp

 だが、その「HOT」(この場合は「魅力的な」の意)フィルタのせいで、このアプリはソーシャルメディア上で苦境に立たされることになった。被写体の外見を魅力的にするために、顔の肌色を文字通り白っぽくしてしまったためだ。

 アプリの開発元であるWireless Labの最高経営責任者(CEO)、Yaroslav Goncharov氏は、この機能の問題を謝罪した上で、その原因がニューラルネットワークにあると釈明した。AI設計の一部であるニューラルネットワークは、コンピュータが人間の頭脳により近い形で機能するよう支援する。

 Goncharov氏は米CNETにメールで次のように回答した。「われわれは、この疑いようのない深刻な問題について深謝する。これは、基礎部分のニューラルネットワークにおいて、トレーニングセットの偏りにより生じた不適切な副作用であり、意図された振る舞いではない」。同氏はさらに、現在修正に取り組んでいるところだとしたうえで、このフィルタの名称を「HOT」から「SPARK」に変更すると説明した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集