logo

「Googleマップ」がレビューを自動翻訳へ--海外でのレストラン探しが便利に

Patrick Holland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年04月25日 07時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 外国語が理解できないというのが、海外旅行の最大の問題の1つかもしれない。「Googleマップ」などのサービスで地元のレストランや店舗を検索したときに、レビューがすべて外国語で記述されていると、特にがっかりする可能性がある。

 Googleマップは、POI(興味深い場所)のレビューをユーザーの言語に翻訳する機能によって、この問題を緩和しようとしている。Googleマップ担当アソシエイト製品マネージャーのDK Kang氏は、同社ウェブサイトに米国時間4月24日に掲載されたブログ記事の中で、Googleマップですべてのレビューが、ユーザーの端末で設定されている言語に翻訳されるようになることを明らかにした。

 「最も素晴らしいのは、ユーザーが何もしなくていいという点だ。ただGoogleマップやGoogle検索で対象の場所を検索すれば、レビューが自動的に翻訳される」(Kang氏)

 今回のアップデートには、Googleマップを地図や道順を調べるだけ以上のものにするための取り組みをGoogleが加速化させていることがうかがえる。10億人を超えるユーザーが現在、地域のおすすめ情報やレストランの混雑具合を示すリアルタイム情報を調べたり、どこに駐車したかを覚えておいたりするためのツールとして、Googleマップを使用している。3月には、自分の正確な現在地を共有相手に一定の間知らせることのできる「現在地を共有」という新機能がGoogleマップに追加された。

Googleマップ
Googleマップがレビューを自分の言語に翻訳してくれるようになる。
提供:Future Publishing

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集