logo

アップルのクックCEO、2015年にUberアプリの不正行為についてカラニック氏に警告--NYT

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年04月24日 10時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏は2015年、配車アプリ「Uber」がユーザーの端末から削除された後も秘密裏に「iPhone」を確認していたことに激怒していたと、The New York Times(NYT)が報じている。

 NYTが米国時間4月23日に公開した詳細な記事によると、UberのCEOであるTravis Kalanick氏は、Uberアプリに隠し機能を設けるようエンジニアらに指示し、アプリがユーザーの端末から削除された後も、iPhoneユーザーの情報をUberがひそかに確認できるようにしていたという。アップルのプライバシー規約に違反する動きだ。

 Kalanickは2015年にAppleの本社を訪れ、Cook氏と面会した。「当社の一部の規則に違反していたそうだね」と、Cook氏はKalanick氏に穏やかな口調で告げたという。続いてCook氏は、不正をやめるようUberに求め、やめなければUberのアプリをAppleのApp storeから削除すると述べたという。

 何百万人ものiPhoneユーザーへのアクセスを失えば、Uberの事業は崩壊する可能性があるため、Kalanick氏はCook氏の要求に従ったと同紙は報じている。

 この機能は不正検出に使用されていたとUberは述べ、アプリを使って個人ユーザーの位置を追跡していたことを否定している。

 「アプリを削除済みであれば、絶対に個人ユーザーやその位置情報を追跡していない」とUberは声明で述べた。「NYTの記事の最後の部分に記されているように、これは、盗んだ端末にUberをロードしたり、盗んだクレジットカードを登録したり、高額な配車サービスを利用してから端末上のデータを削除したりといった行為を繰り返す不正利用者を防ぐための一般的な手段だ。類似の手法は、当社ユーザーのアカウントを保護するために、疑わしいログインを検出してブロックするためにも使用されている。以前にも不正があった者が再度当社のネットワークを利用しようとしたときに、それを認識できることは、Uberとユーザーの双方にとって重要なセキュリティ対策である」(Uber)


提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集