logo

アップル、グーグルの人工衛星事業幹部2人を引き抜き--Bloomberg

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年04月24日 08時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが、Googleの人工衛星事業の幹部2人を新しいハードウェアチームに引き抜いたという。Bloombergが米国時間4月21日に報じた。人工衛星分野に関するAppleの計画を示唆する動きかもしれない。

 Googleの宇宙船事業を率いていたJohn Fenwick氏と、人工衛星事業の元責任者Michael Trela氏がAppleに加わり、現在Greg Duffy氏の直属となっているという。Duffy氏は、カメラ企業Dropcamの共同創業者で、元Googleの従業員だ。Googleの親会社であるAlphabet傘下のNestが、2014年にDropcamを買収した。Duffy氏は、Nestの共同創業者でAppleの元幹部Tony Fadell氏との意見の相違があったことなどを理由に、Nestを退社している。

 またAppleは、1000を超える衛星を地球の低軌道に投入するブロードバンドプロジェクトに関する提携または出資に関してBoeingと交渉していたとも報じられている。

 シリコンバレーで最大規模のIT企業は、高解像度画像処理(マップ技術の改良に使われる)や通信(辺境地域へのWi-Fi提供などに使われる)を目的とした衛星事業に関心を寄せている。

 Fenwick氏とTrela氏は、Googleが両氏による衛星関連の新興企業Skybox Imagingを買収したことに伴い、3年前にGoogleに入社した。Googleは、Skybox ImagingをTerra Bellaに改名している。Terra Bellaは2017年2月、元米航空宇宙局(NASA)の科学者らが創業した衛星企業Planet Labsに売却されることが明らかになった。

Apple
提供:Peter Parks/AFP/Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集