logo
Indiegogo

AndroidスマホをノートPC化する「Mirabook」--ラズパイとWindows Phoneも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在のスマートフォンが高機能かつ多機能になったためか、AppleはスマートフォンをノートPCとして活用するための特許を出願中だ。また、以前クラウドファンディングサービス「Kickstarter」には、AndroidスマートフォンをノートPC化するデバイス「Superbook」が登場した。

 今回は、さらに汎用性があり、Androidスマートフォンだけでなく、「Windows 10 Mobile」デバイスと「Raspberry Pi」ボードもノートPC化できる「Mirabook」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。


AndroidだけでなくWindows 10 MobileのノートPC化にも対応(出典:Mirabook公式サイト)

 Mirabookは、13.3インチのFull HD対応LCD、フルキーボード、マルチタッチ対応トラックパッドなどを備え、ノートPCにしか見えないデバイス。ただし、単体では作動せず、Androidスマートフォンや「Microsoft Continuum」対応スマートフォン、スティック型PC、Raspberry Piを内蔵USBケーブルでつなぐと機能する。

さまざまなデバイスをノートPC化(出典:Indiegogo) さまざまなデバイスをノートPC化(出典:Indiegogo)

 スマートフォンで使い慣れたアプリを大きな画面に表示し、スマートフォン内のストレージに保存したデータを使って作業できる。そのため、PCとのデータ同期が必要ない、シームレスな環境が作れる。


使い慣れたアプリを大きな画面で(出典:Indiegogo)

 充電用のUSB Type Cポートに加え、HDMIポート、2つのUSB Type Aポートを備える。SDカードスロット、イヤホンジャック、スピーカも搭載している。

 大きな容量のバッテリを採用し、スマートフォンを充電しながら最大24時間の使用が可能という。サイズは320×220×15mm、重さは1kg。

 Indiegogoでの目標金額は5万ドル。記事執筆時点(日本時間4月18日17時)で約2万1000ドルの資金を集めている。キャンペーン期間はあと1カ月ある。

-PR-企画特集