チャットツールを導入している大手企業は全体の約3割--CTC調査

山川晶之 (編集部) 飯塚 直2017年04月14日 19時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノソリューションズは4月13日、2017年2月に実施した「大手企業のビジネスチャットツール導入実態調査」の結果を発表した。

 調査対象は、全国の売上規模100億円以上、従業員数200名以上の企業に勤務する経営者および役員、係長、リーダークラスの役職者。有効回答数は412名(PC使用企業206、携帯電話/タブレット使用企業206)。

 まず、会社として公式にチャットツール、ビジネス向けチャットツールを導入しているかという質問には「全社で導入している」が12.1%、「一部で導入している」が16%、「導入していない」が71.8%だった。


 次に、会社で公式にビジネスチャットツールを導入している場合、どのようなツールを導入しているのかについて「社員が主にPCで業務する」と回答した企業に聞いたところ、「Skype」が30.5%、「Facebook」が15.3%、「MicrosoftTeams」が11.9%だった。

 また、「社員が主に携帯電話/タブレットで業務する」と回答した企業では、「LINE」が24%、「Facebook」が19.8%、「Skype」が16.8%となり、PCで業務を行う企業と比べて、LINEやFacebookなど、SNSのビジネスへの活用がすすんでいることがわかる。


 「公式にビジネスチャットツールを導入していると」回答した企業の導入基準については、「使いやすさ」(21.6%)がトップで、次いで「セキュリティ」が20.6%、「業務効率化」が15.6%、「安心感(開発している会社に信頼があるなど)」が15.1%となった。


 また、導入した理由については、「スピーディにコミュニケーションができる」が23.6%、「会議時間の短縮が期待できる」が15.7%、「複数人での情報共有が容易になる(他部署間とのコミュニケーション活性化など)」が13.9%と、コミュニケーションの円滑化が最も多かった。


 一方で、ビジネスチャットツールを導入していない企業の理由としては、「業務に必要と感じていない」が42.2%、「セキュリティが心配(機密情報の取り扱い)」が22.6%、「会社側での管理・運用対象が増える」が12.3%になった。


 また、チャットツールを導入していない企業において、「社員が非公式のチャットツールを無断で業務に利用しているか、もしくは利用していることを把握しているか」という質問では、「わからない」が52.4%、「利用されている実態はない」が35.5%、「把握はしていないが、利用されていると思う」が7.8%だった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加