Twitter、返信ツイートでユーザー名を140文字制限から除外

Terry Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年03月31日 07時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間3月30日、返信の際に、ユーザー名はツイートの140文字制限に今後カウントされなくなると発表した。

 例えば、Twitterの製品マネージャーを務めるSasank Reddy氏の@ユーザー名は@thecleanmachineだが、このようなユーザー名は、ツイートのテキストの中ではなく上に表示されるようになるという。

 「これにより、より多くの文字を会話に使えるようになる」とReddy氏は30日付けのブログ記事に記した。

Twitter
提供:Twitter

 また「返信」をタップしたときに、ツイートの先頭に一連のユーザー名が表示されるのではなく、会話に参加しているユーザーを表示して管理することができるようになるとReddy氏は述べた。

 29日遅くに筆者が米CNETの同僚であるJason Parker記者と交わしたツイートを見ると、変更前の返信の形式がどのようになっていたかを確認できる。今後は、Parker記者の返信における筆者のユーザー名や@warriorsが、140文字制限にカウントされなくなる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加