logo

ポータルサイト「goo」20周年--旅選びを支援するAIサービス、“日本発”のこだわり

坂本純子 (編集部)2017年03月28日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTレゾナントが運営するポータルサイト「goo」が3月27日、20周年を迎えた。NTTレゾナント 代表取締役社長の若井昌宏氏は、「20周年は、人にたとえれば成人。ますますgooは進化していく」とあいさつした。

gooにおける20年の取り組み
gooにおける20年の取り組み
NTTグループとともにサービスを提供、ソリューション事業も展開
NTTグループとともにサービスを提供、ソリューション事業も展開

 2017年上期に取り組むポイントは(1)一人一人のお客さまに最適化し、パーソナライズして提供すること、(2)お客さまが求める情報を意図を察して、気づいていない気づきも提供して可能性を広げること、(3)デバイスの進化に合わせてより身近なgooを目指す──の3点。gooのAI、日本語処理、検索ナビゲーション技術を核に、新たなサービスを提供していくとした。

新たなgooへ
新たなgooへ
旅選びの手伝いをする「行動支援サービス」を9月からスタート
旅選びの手伝いをする「行動支援サービス」を9月からスタート

 具体的には、gooのAI活用第2弾として、旅選びの手伝いをする「行動支援サービス」を9月からスタートする。

 「いまの気分は?」といった対話によって、旅先や旅行目的がはっきりしていないユーザーの気分に寄り添いながら、「のんびりしたい」「癒されたい」といった気持ちを推察する。

 さらに「教えて!goo」の旅行に関するQ&Aデータや「gooブログ」の旅行体験記事といった旬なソーシャル情報、「goo旅行」の観光地情報、「goo地図」の地域情報をディープラーニングにより学習し、ユーザーの理解を深めるという。

 これによりユーザーの気分に寄り添った旅先の提案を行うとともに、最新の情報を取り入れながら、旅に出るきっかけ作りの手伝いをするとしている。

ウェブサイトを経由し、PCだけでなくスマートフォンやタブレットからも利用できる。タッチで「気分」を選んでいける
ウェブサイトを経由し、PCだけでなくスマートフォンやタブレットからも利用できる。タッチで「気分」を選んでいける
最終的に、おすすめの観光スポット、カフェなども含めた一日のプランやホテルなどを提案してくれる
最終的に、おすすめの観光スポット、カフェなども含めた一日のプランやホテルなどを提案してくれる

 NTTレゾナントでは、教えて!gooの恋愛カテゴリのQ&Aデータをディープラーニングにより学習し、一問一答形式で回答を生成するAIサービスを2016年9月から提供してきている。「ベストアンサーの数も着実に増えている」(若井氏)とし、手応えを感じているという。

2016年9月に提供を開始したgooのAI「恋愛相談」。ベストアンサーの数も増えており、顧客満足度も上がっているという
2016年9月に提供を開始したgooのAI「恋愛相談」。ベストアンサーの数も増えており、顧客満足度も上がっているという

 この技術は、NTTグループのAI関連技術「corevo」を活用したものだ。corevoの自然言語処理技術を応用したディープラーニングによる独自のAI技術としている。

 corevoは、(1)人間の発する情報をとらえて、意図・感情を理解する「Agent-AI」(2)人間・モノ・環境を読み解き、瞬時に予測・制御する「Ambient-AI」(3)心と体を読み解き、深層心理・知性・本能を理解する「Heart Touching-AI」(4)複数のAIがつながり、社会システム全体を最適化する「Network-AI」の4つで構成されるという。

corevoを構成する4つのAI
corevoを構成する4つのAI

 NTTメディアインテリジェンス研究所 所長の小澤英昭氏は、「NTTグループ全体で使うAIの取り組みは初めてかもしれない。2017年度のNTTグループはパートナーとともに共創するAIを目指す」と語った。

NTTグループの目指すAI
NTTグループの目指すAI

-PR-企画特集