logo

ヤフーが自動運転分野に本格参入--SBドライブに出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーとソフトバンクは3月24日、自動運転技術を活用したスマートモビリティサービスの事業化を目指すSBドライブの第三者割当増資を引き受け、ヤフーがSBドライブに資本参加したと発表した。

 出資額は、ヤフーが約4.9億円、ソフトバンクが約1.9億円(累計出資額約5.1億円)。また、第三者割当増資後の株式の保有状況については、ソフトバンクが51.1%、ヤフーが48.6%、先進モビリティが0.3%となる。

 SBドライブは、自動運転技術を研究・開発する先進モビリティとソフトバンクの合弁会社として2016年4月に設立。3社協力のもと自動運転技術を活用した、特定地点間を往来する路線バスといった地域公共交通や、大型トラックの隊列走行による幹線輸送などの社会実証・実用化を目指している。

 現在、北九州市や鳥取県八頭町など、4市町村とスマートモビリティに関する連携協定を締結しており、2018年度後半に公道での完全自動運転による実証実験を計画している。

 ヤフーでは、同社が提供する「Yahoo!地図」など、地域や移動に関連するサービスとの連携や、自動運転車や利用者から得られるデータを同社サービス内で活用することで、地域や移動に関するユーザーの課題を解決する「UPDATE MOBILITY」の実現を目指すとしている。

-PR-企画特集