logo

アプリ作成ツール「Yappli」が銀行APIと連携--千葉銀行の機能を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちばぎんアプリ

 プログラミング不要で簡単にアプリを開発できるツール「Yappli」を運営するファストメディアは3月21日、千葉銀行が提供する「ちばぎんアプリ」において、銀行APIを利用した口座照会機能の開発を支援したと発表した。同社によれば、自社アプリ開発のクラウドサービスを活用した銀行API連携は、FinTech業界初だという。

 ちばぎんアプリは、2016年6月に提供が開始されたスマートフォンアプリ。新たに口座照会機能が追加されたことで、千葉銀行に口座を持つ個人の利用者は、アプリから4桁のパスコードを入力するだけで、いつでも残高・入出金明細を確認できるようになる。

 ファストメディアでは、大手都市銀行からAmazon Web Services(AWS)の採用が始まっており、FinTech業界においてクラウドサービスの活用が加速すると予想。今後もさまざまな銀行APIと連携し、アプリ開発を支援したいとしている。

-PR-企画特集