logo

パナソニックと東急電鉄、LinkRayによるスマホ向け情報配信サービスで合弁会社

加納恵 (編集部)2017年03月15日 16時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニック システムネットワークスと東京急行電鉄は3月15日、最先端技術「LinkRay」を活用した、「情報連携プラットフォームサービス」を目的とした合弁会社「株式会社リンクレイマーケティング」を設立すると発表した。


「LinkRay」の概要

 LinkRayは、パナソニックが開発したスマートフォン向け情報配信サービス。対象物にID発信機を組み込み、専用アプリで読み取ることで、情報が取得できる。公共交通機関においては周辺施設や行き先などの案内情報、商業施設においてはイベント情報・広告・クーポンなどを提供する予定だ。

 リンクレイマーケティングでは、サービスの企画、開発やLinkRay対応の各種アプリ用SDK(ソフトウェア開発キット)とクラウドサービスによるログ解析、コンテンツ切り替え機能を持つCMS(コンテンツマネージメントシステム)などを提供する予定だ。

 会社設立は4月3日。2020年に向けてのインバウンド対策、リテール決済手段の多様化など、さまざまなデジタルデバイスが連携したサービスで、需要拡大と成長を見込む。

-PR-企画特集