「Windowsが勝手に再起動、作業中データ消失」の恐怖からついに解放 - (page 2)

Sean Hollister (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年03月13日 07時00分

Microsoftはフィードバックを聞き入れる

 私が以前、自動再起動に関する記事を執筆してMicrosoftにコメントを求めた際、同社は「自動アップデートは必要な機能だ」という旨の回答をしていた。今回の180度転換の間に何があったのだろうか?確かなことは言えないが、MicrosoftはWindows 10を受け入れ難くしているあらゆる苦痛を取り除くための意識的な努力をしているようだ。

 Creators Updateでは華やかな3Dや仮想現実(VR)機能も追加されるが、アップデートに関するこの改善こそが重要だ。また、Microsoftの最近の公式ブログは、「Snooze」がユーザーからのフィードバックに対する直接的な反応であることを示唆している。

 Creators Updateまでは、Windows 10はアップデートをインストールするタイミングをユーザーの代わりにほぼ決定し、ユーザーの必要に合わせる方法を提供してこなかった。ユーザーからの要望で最も明確だったは、Windows 10のアップデートでもっと制御権が欲しいというものだった。また、予期せぬ再起動は、タイミングが悪ければ破壊的だという意見もいただいた。

 実際、その同じブログで同社は、Creators Updateはインストール時にプライバシー設定を明確に変更できるようにするとしており、これは2016年に発生したプライバシー問題に対するMicrosoftなりの対応とみえる。

Windows 10のCreators Updateをインストールすると表示されるようになる画面
Microsoftはフィードバックに耳を傾けているようだ。来るCreators Updateをインストールするとすぐに、この画面が表示されるだろう
提供:Microsoft

 つまり、Microsoftは今やわれわれに耳を傾けているということだ。強制アップデートと自動再起動についてのわれわれの苦情を聞き入れた。恐らく今後も苦情を聞いてくれるだろう。

 個人的には、(いろんなレベルでがっかりした)新しい「MacBook Pro」と、最悪のタイミングでアップデートをインストールすることで仕事の成果を台無しにするWindowsのどちらを選ぶのも気が進まなかった。だが今や、幸せな気持ちで迷うことなくWindowsノートPCを購入できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]