logo

ソニーウェアラブルデバイス「Smart B-Trainer」にトレーニングメニューを追加

加納恵 (編集部)2017年03月09日 17時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは3月9日、音楽再生からランニングログ、心拍数記録などができるウェアラブルデバイス「Smart B-Trainer(スマートビートレーナー)SSE-BTR1」に、レーニングメニュー「清水忍のFit & Run」プランを追加した。ソフトウェアアップデートで対応する。

 清水忍のFit & Runは、トレーナー清水忍氏の監修による筋トレやストレッチなどのフィットネスメニューを追加し、本製品1台で、ランニングとフィットネスメニューを合わせたクロストレーニングをサポート。アプリ内で、筋トレやストレッチの正しい体勢を動画や静止画で繰り返し確認でき、1人でも効果的な運動ができるほか、ランニング時に脂肪燃焼効率を最も高められる心拍数のゾーン(脂肪燃焼ゾーン)を自動的に計算し、それに応じた適切な走り方を音声と音楽の自動選曲でコーチングする。


「Smart B-Trainer(スマートビートレーナー)SSE-BTR1」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集