ドコモ、「AI運行バス」を未来シェアと共同開発へ--AIが走行ルートや配車数を決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモと未来シェアは3月9日、「AI運行バス」の提供を実現するモビリティサービスプラットフォームを共同開発すると発表した。

 ドコモが保有する「リアルタイム移動需要予測」の技術と、未来シェアが保有する配車システム「SAV(サブ)」の技術などを組み合わせて、「移動需要に応じて」「最適な時間に」「最適なルート」を走行することが可能となるモビリティサービスプラットフォームを2018年度中に実用化するとしている。

 このプラットフォームを活用して、交通事業者が提供するAI運行バスでは、移動需要のある場所や時間、乗車人数を事前にAIで予測し、それに応じて走行ルートや配車数を決定するという。将来的には、利用者が事前に乗車予約することなく、利用したい時に利用したい場所で、乗車できるようにしたいという。

 また、交通事業者は事前に移動需要の把握が可能となり、より多くの人を効率良く乗車させることで、無駄のない運行による経費削減などにもつなげられるとしている。さらには、物流事業への応用など、新たなサービスの創出にも寄与できると考えているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加