プレゼンに“自信”を--ロジクール、ズーム機能を備えたプレゼンター「Spotlight」 - (page 2)

坂本純子 (編集部)2017年03月09日 12時56分

資料の作り方に変化をもたらす--Spotlightの利点

 ロジクールによれば、TEDやアップルのキーノートスピーチなどの影響により、それらがすばらしいプレゼンの定義となってきており、プレゼンの期待値が上がっているという。

 Ligitech International アジアパシフィック シニア リージョナルカテゴリ マネージャーのマシアス・ティルプ氏は「どうやったらジョブズになれるのか。必要なのは自信。言葉や行動などすべてのことに自信を持つこと。Spotlightはもはやツールではないと考えている。プレゼンを次のレベルに上げ、プレゼンが変わるパートナー」とアピールした。

 プレゼンテーションクリエーターとして活躍する前田鎌利さんは、「ボタンが3つしかないので、誤操作しない。また従来のポインタで使われる赤いレーザーは、長く見ていると目が痛くなるが、そういうこともない」とSpotlightの利点を語る。

 さらにプレゼン資料の作り方も変わってくると説明する。「グラフの細かい数字を強調して見せるとき、数字を入れた小さいカットをもう1枚入れて拡大して見せることもあるが、拡大機能を使えばそういう必要がない。作り手としてもやりやすくなる。資料の作り方に変化をもたらすのがSpotlight」と説明した。

レシーバは本体に収納できる
レシーバは本体に収納できる
レシーバを取り出したところ
レシーバを取り出したところ
ロジクール クラスターカテゴリーマネージャーの榊山大氏、Ligitech International アジアパシフィック シニア リージョナルカテゴリ マネージャーのマシアス・ティルプ氏、前田鎌利氏
ロジクール クラスターカテゴリーマネージャーの榊山大氏、Ligitech International アジアパシフィック シニア リージョナルカテゴリ マネージャーのマシアス・ティルプ氏、前田鎌利氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]