バンナム、VRエンタメ施設「VR ZONE」を今夏に“復活”--新宿歌舞伎町に1100坪規模で

佐藤和也 (編集部)2017年03月07日 10時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイナムコエンターテインメントは3月7日、VRをはじめとした最先端技術を活用したエンターテインメント施設「VR ZONE Shinjuku」を、2017年夏から期間限定で新宿・歌舞伎町TOKYU MILANO跡地にオープンすると発表した。

 この施設は、2016年にお台場にて運営していたVRエンターテインメント研究施設「VR ZONE Project i Can」の流れを組む施設で、「体験したくてもできない喜びや驚きを、想像をはるかに超えて実現する」をコンセプトとした“超現実エンターテインメント施設”とうたっている。

 施設規模は約1100坪を予定。施設内ではVRゲームにとどまらない最先端VRアクティビティのほか、プロジェクションマッピングなどの技術を活用したインタラクティブな遊びを楽しめるコンテンツも用意。飲食や物販コーナーも設ける予定としている。

「VR ZONE Shinjuku」施設外観イメージ
「VR ZONE Shinjuku」施設外観イメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加