logo

[ブックレビュー]もっと早く知りたかった仕事の基礎--「誰も教えてくれない 計画するスキル」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日経BP社
内容:日々の仕事やプロジェクトなどをつつがなく進めていくのに必要なのは計画を立てること。しかし、どう進めればいいのか、計画通りにいかない場合はどうすればいいのかなど、実際やってみるとわからないことは多い。今まで誰も教えてくれなかった「計画するスキル」を学ぶことでもたらされる効果とは。

 「確かに『計画するスキル』など教わったことはない」という人には、ぜひとも一読することをお勧めする。本当になぜこれほど重要なことを、もっと早い段階、すなわち学校で教わらないのか不思議だ。大体「計画表を作っただけで満足」してしまったり、「計画通りいかない」ことが続いたりして、計画とは絵に描いた餅のように扱われがちだ。しかし、もちろん正しく「計画」すれば、そんなことにはならない。幸いにも、そのための技術を本書から学べる。

 本書は、セミナーを基にして書かれているとのことで、語りかけるような文章のため、その分読み進めやすい。つまり、ひとりでも本書を使って十分に「計画するスキル」について学べる。

 いきなり1年がかりの大きな「プロジェクト」について、計画を立てようとするのではなく、せいぜい1週間程度の、自分ひとりが関わる「プロジェクト」から始めて、徐々に長い期間かかるプロジェクトや、複数の人が関わるプロジェクト、複数の会社が関わるプロジェクトなどに、対象を広げて実践していくのが良いだろう。今まで手探りでやってきた計画作りも、今後は必要なステップに従って、活用できる計画作りに変わるはずだ。

-PR-企画特集