logo

「Nintendo Switch」をもっと楽しく--おすすめの周辺機器4選

Patrick Holland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2017年03月10日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Nintendo Switchをさまざまな角度から見るフォトレポート(写真のみ)。

 Nintendo Switchをさまざまな角度から見るフォトレポート(写真のみ)。

提供: Sarah Tew/CNET

 ぴかぴかの新製品「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」をようやく手に入れたという人も、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」でハイラルの地に足を踏み入れる前に、冒険の旅がもっと楽しくなるアクセサリ類も検討してみてはどうだろうか。

 発売と同時にNintendo Switchで使用できる追加のアクセサリはまだ多くないが、今後数カ月のうちにいろいろと登場する予定になっている。われわれが気に入ったNintendo Switchアクセサリ4つと、検討に値する次点のアクセサリをいくつかまとめてみた。

「Nintendo Switch Proコントローラー」

 「Joy-Con」は素晴らしいが、ビスコッティほどのサイズなので少し扱いにくいと感じる人もいるだろう。われわれがそうだった。そこで試してほしいのがNintendo Switch Proコントローラーだ。小売価格は7538円(税込)。「Xbox」や「PlayStation」のコントローラのように、グリップがもっと太くなっている。

ニンテンドースイッチのProコントローラー
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」を本当に楽しむなら、Proコントローラーを手に入れるべきだ。
提供:Sarah Tew/CNET

予備のACアダプタ

 Nintendo Switchをドックに置くと、テレビに接続されるだけではなく、充電も始まる。われわれが試したところ、1回の充電で平均約3時間のプレイが可能だった。3218円(税込)で予備のACアダプタ(端子はUSB Type-C)を買うようお勧めしたい。1つは家でドックにつないだままにして、もう1つは外に持って行くことができる。

ニンテンドースイッチには予備のACアダプタがおすすめ
予備のACアダプタを手に入れよう。ひとつは自宅用、もうひとつは外出用だ。
提供:Sarah Tew/CNET

microSDカード

 Nintendo Switchには32Gバイトの内蔵ストレージがあるが、microSDカードを使ってさらに拡張することができる。今のところ容量を追加する必要はないかもしれないが、これから次々とゲームがリリースされれば、もっと容量が必要になるのは間違いない。microSDHCやmicroSDXCといった高速カードがサポートされている。

ニンテンドースイッチはmicroSDカードを使えば、ストレージを拡張することができる
microSDカードを使えば、ストレージを拡張することができる。
提供:Sarah Tew/CNET

「Nintendo Switchキャリングケース」

 手に持っていないときにNintendo Switchを保護しよう。任天堂から出ているNintendo Switchキャリングケースを使えば、新品のNintendo Switchに傷をつけずに済む。小売価格2138円(税込)でNintendo Switchを収納できる黒いキャリングケースに、画面保護シールが付属する。

ニンテンドースイッチのキャリングケース
大切なSwitchは、使っていないときには保護をするべきだ。
提供:Sarah Tew/CNET

次点のアクセサリ

  • 「Joy-Con充電グリップ」2678円(税込)- 本体に付属する標準のJoy-Conグリップとは異なり、プレイしながらJoy-Conを充電できる。とはいえ、万全ではない。充電するにはケーブルをつなぐ必要があるからだ。人によって、ないよりはまし、というところだろうか。
  • 「Joy-Conハンドル」1598円(税込)- 「ゼルダの伝説」にハンドルは必要ないが、4月28日には「マリオカート8 デラックス」が発売される。「トリッキー」や「ドルフィンキック」を運転するなら、ハンドルがあった方がいいに決まっている。
  • 外部バッテリ充電器 - Nintendo Switchの優れた点の1つが、充電にUSB Type-Cポートを使うところだ(ただし配置はよくない)。
ニンテンドースイッチのJoy-Con充電グリップ
Joy-Con充電グリップを使えば、遊びながらJoy-Conを充電することができる。
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集