logo

グリー、オンラインリフォームサービス「リノコ」を運営するセカイエをQに譲渡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーは2月28日、同日に開催された取締役会において、オンラインリフォームサービス「リノコ」を運営するセカイエの全株式を、インターネット広告やモバイルメディアの運営、コンテンツ企画、サイト構築などのコンサルティングを手がけるQに譲渡すると決議したと発表した。

 譲渡株式数は1610株で、譲渡価格は1円。株式譲渡実行日は3月31日を予定している。同株式譲渡にともない、セカイエはグリーの連結の範囲から除外されるが、同株式譲渡がグリーの業績に与える影響については軽微だとしている。

 グリーは、2015年1月9日付けでセカイエの株式を取得。子会社化することで、インターネットを活用したリフォーム業界に進出した。しかし、グリーでは、グループの強みを生かせる分野に経営資源を集中させるため、外部企業との提携やM&Aなどを模索した結果、リフォーム分野で実績のあるQへの事業譲渡が、セカイエの事業拡大とサービスの発展に寄与すると判断したという。

-PR-企画特集