logo
MWC 2017

レノボ、仕事用と子供用で変わるタブレット「Tab 4」「Tab 4 Plus」

Joshua Goldman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年02月28日 08時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供: Andrew Hoyle/CNET

 Lenovoは、標準モデル「Tab 4」と上位モデル「Tab 4 Plus」の2機種のタブレットを発表した。それぞれ8インチと10.1インチの2つのサイズで5月に発売する。いずれもGoogleの最新モバイルOS「Android 7.0 Nougat」を搭載する。

 Tab 4の8インチ版と10.1インチ版の価格はそれぞれ109ドルと149ドルで、 Tab 4 Plusはそれぞれ199ドルと249ドル。

Lenovo Tab 4シリーズの主な仕様
Lenovo Tab 4Lenovo Tab 4 Plus
画面1200x800ピクセル1920x1200ピクセル IPS
プロセッサ1.4GHz クアッドコア Qualcomm MSM89172GHz オクタコア Qualcomm Snapdragon 625(MSM 8953)
メモリ2GB3GB(16GB版)または4GB(64GB版)
接続802.11n、Bluetooth 4.2、GPS802.11ac、Bluetooth 4.2、GPS
ストレージ16GBまたは32GB16GBまたは64GB
コネクタMicro-USBポート、3.5mmヘッドホンジャック/マイクジャック、microSDカードスロットUSB 2.0 Type-Cポート、3.5mmヘッドホンジャック/マイクジャック、microSDカードスロット、指紋リーダー
スピーカDolby Atmos対応ステレオスピーカDolby Atmos対応ステレオスピーカ
カメラ200万画素のフロントカメラ、500万画素のオートフォーカス対応リアカメラ500万画素のフロントカメラ、800万画素のオートフォーカス対応リアカメラ
通信Wi-FiおよびLTE、またはWi-FiのみWi-FiおよびLTE、またはWi-Fiのみ

 Tab 4 Plusは価格が高い分だけの価値があるようで、画面やカメラ解像度からプロセッサやワイヤレスネットワークに至るまでのすべてがグレードアップされている。また、より高級感のある両面ガラスのデザインが採用されている。

 どの機種でも複数のユーザーアカウントが設定可能なので、家族や同居者とタブレットを共有し、ソーシャルアカウントなどの独自の設定を各自が維持することができる。しかしここに、もう少し興味深い点がある。Lenovoは、子供用または仕事用に操作性を変えられる2種類のアドオンパックを用意した。


「Kid's Pack」には、耐衝撃バンパー、ブルーライトフィルター、キズ防止用の3Mステッカーが含まれる。
提供:Andrew Hoyle/CNET

 「Kid's Pack」には、耐衝撃バンパー、ブルーライトフィルター、キズ防止用の3Mステッカーが含まれる。キュレーションされたコンテンツを表示する専用の「Lenovo Kid's Account」、安全性が確認されたウェブサイトを表示するブラウザ、そして保護者用のスケジュールツールも含まれている。基本的に、Amazonがタブレット「Fire Kids Edition」や「FreeTime」サービスで提供しているものと同じだ。

 「Productivity Pack」は、Bluetooth対応キーボードとトラックパッドを装備するAndroid搭載2in1PCとしてタブレットを使用できるようにするものだ。こちらもAmazonのオプションに非常によく似ているように思われる。キーボードとマウス用に最適化されたよりノートPCに近いインターフェースには、タスクバーが表示され、すばやいアプリ切り替えが可能で、マルチウィンドウにも対応する。

 アドオンパックの価格と発売日は発表されていない。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集