DAZN、Jリーグ視聴不具合の原因はスケジューリングシステム構築誤差--CEOがコメント

加納恵 (編集部)2017年02月27日 13時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スポーツ専門の映像配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は2月27日、2月26日に発生したJリーグのライブ配信における視聴不具合について、原因を発表した。

 不具合が生じたのは、2月26日のJ1リーグ「ガンバ大阪対ヴァンフォーレ甲府戦」とJ2リーグ「愛媛FC対ツエーゲン金沢」の2試合。16時47分に愛媛FC対ツエーゲン金沢戦、16時50分にガンバ大阪対ヴァンフォーレ甲府戦が、バッファリング状態になり、試合が視聴できない状態が続いた。一方、22時50分からJ2リーグ全試合の見逃し配信が視聴できない状態であることが発覚したという。

 DAZNでは、映像配信へ方式変換するプラットフォームにあるスケジューリングシステムの構築誤差が原因としており、障害の対処を試みたが、非常に稀な事象であったため即時復旧に至らず、時間がかかってしまったとしている。

 なお、ガンバ大阪対ヴァンフォーレ甲府戦は、同日18時30分からGoal.comを通じてライブ配信、20時28分からJリーグYouTube公式チャンネルで配信、翌日2月27日の0時45分からDAZNでオンデマンド配信を実施。愛媛FC対ツエーゲン金沢戦は、23時53分からJリーグYouTube公式チャンネル配信、翌日3時15分からDAZNでオンデマンド配信を開始した。J2リーグの見逃し視聴については各試合ごと随時対応している。

 DAZN CEOのジェームズ・ラシュトン氏は「視聴することができなかったすべてのファン、サポーターに心よりお詫び申し上げる。本来、我々がJリーグを愛する皆さまに届けたかったものとは異なった結果になったことで、ファン、サポーターのみなさまに大変不快な思いをさせてしまったことは、私にとっても受け入れがたいこと。まずは、原因の徹底究明と今後の改善に全力を尽くすことで、今後このような事態が起こらないように取り組んでいく」とコメントしている。

 DAZNでは、今回の視聴不具合におけるユーザーへの対応については詳細が決まり次第、改めて連絡するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加