Skypeアプリの軽量版「Skype Lite」発表--低速回線でも快適、インド向け

Zoey Chong 翻訳校正: 編集部2017年02月24日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、人気の高いビデオおよび音声通話アプリ「Skype」の軽量版である「Skype Lite」をAndroid向けに発表した。インドのユーザーに向けて「インドで構築」したという。現地時間2月22日、同社の「Future Decoded」カンファレンスで発表した。

提供:Skype
提供:Skype

 Skype Liteは本家のSkypeとほぼ同じように機能するが、低速の2Gネットワークでも快適に動作するように設計されている。2Gネットワークはインドを含む多くの開発途上国で、今でも広範に使われている。本家のSkypeに比べると、Skype Liteはデータやバッテリの使用量が少なく、ダウンロードサイズも約3分の1の13Mバイトだ。

 Microsoftは「Project Sangam」も発表した。これはインドの未熟練労働者や半熟練労働者を対象とするLinkedInベースのトレーニングの取り組みだ。

 Microsoftはインドで熾烈な競争に直面している。特に大きな存在はWhatsAppで、同社のデイリーアクティブユーザー数は1億6000万人を超えている

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加